ファンデーションの毛穴落ちについて

ファンデーションの毛穴落ちについて

毛穴落ちとは、毛穴が開いた状態の上にファンデーションを塗る事によって毛穴に入り込み、毛穴が点々と見える状態の事です。頬の毛穴が、楕円形のしずくの形になり、光を当てるとみかんの皮のように見えます。肌老化によるたるみ毛穴です。
皮脂も関係しています。 肌の乾燥などにより、過剰に皮脂が分泌されると化粧がくずれてしまいなります。
加齢によって肌のハリを失ってしまうと毛穴落ちがしやすくなります。
原因の一つは、毛穴に化粧品や余分な皮脂が詰まって、毛穴が汚れている事と、角質層が薄くなり毛穴が目立つという理由があります。乾燥も毛穴を開かせてしまう原因の1つです。
その状態では、ファンデーションを塗っても綺麗に見えません。

毛穴落ちをしない為には、皮脂や乾燥を改善させる事が必要です。
皮脂の量のコントロールは、ホルモンが行っています。 ホルモンは生活習慣に左右されやすいので、規則正しい生活をすることが大切です。
洗顔しすぎない事・血行をよくする事・刺激の少ないクレンジング料を選ぶ事・肌をこすらない事も必要です。化粧下地でメイク崩れを予防し、次に崩れないファンデーションを使いますが、厚塗りは逆効果です。スポンジで叩き込むことが大切です。

2014年4月10日